土日だけで月10万以上収入を増やす

持て余している休日(土日)で収入を増やしませんか?平均で10万以上は当たり前 - 駐車場投資のデメリット

駐車場投資のデメリット

駐車場投資にはどんなデメリットがある?
土地を有効に使って利益を得たいと考える人が多くなってきているのですが、その中でも駐車場投資に興味を持つ人が増えてきています。
駐車場投資にはどんなデメリットがあるのかというと、それなりの知識が求められること、そして資金がなくてはすることはできないというデメリットがあります。
元々土地を所有しているのであれば必要資金を少なくすることもできるのですが、土地を所有していないのであれば、土地も購入しなくてはなりません。
土地を購入する資金がないのであれば、金融機関に融資をしてもらう必要だってあります。
投資というのは、どんな方法にしてもリスクが伴っているのだということは忘れてはいけません。
これは土地を所有している場合だってそうです。
土地の所有をしていなくて銀行から融資をしてもらうのであれば、なおさら経営方針や計画も立てるようにしなくては、審査で落とされる可能性が高くなりますし、
審査を通過したとしても、月々返済をしていかなくてはならないのですから、その返済額以上の利益を確保しておかなくてはなりません。
その利益を確保するためにも、利用者がどれくらいいるのかをしっかりと調べるようにしなくてはならないですし、他の駐車場よりも魅力的にしていかなくてはならないでしょう。
ちゃんと、その地域の駐車場事情を調べるようにしなくては、途中でとん挫してしまう可能性が一気に高くなってしまいます。
駐車場事情を徹底して調べて、月極め駐車場と時間制駐車場のどちらにしていくのか、そしてどちらの駐車場にしても設備費としてどれくらいの資金が必要になるのかも考えるようにしなくてはなりません。
また、他の駐車場に負けない為のサービスも考えるようにしなくては、駐車場を作っても駐車してくれる人が現れなくなってしまいます。
特に駐車場投資というのは立地条件が非常に重要になります。
いくら広い駐車場や割安な料金だったとしても、立地条件が悪かったら利用する人は現れません。
ですから、駐車場投資をする前に、土地を所有しているのしても、そうではないにしても立地条件は良いのかを考えるようにしなくてはならないのです。
土地を所有していても、立地条件が悪いのであれば、その土地で駐車場投資をするべきではないのです。

関連記事